2019年09月09日更新
全登録者数 23,564件 (最新月度登録者数 19件)
トップページ (有)ホームサービス・ケイ 対談取材記事

(有)ホームサービス・ケイ 対談取材記事

名刺
動画

顧客のより良い暮らしのために
全力を尽くすリフォームの達人

有限会社 ホームサービス・ケイ

代表取締役 片岡 賀鶴幸

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─略歴

■常に完璧を目指し 全力で日々の仕事に臨む

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─人ページ写真

「職人として、完璧な技術を持っているというわけではありません。でも100%の仕事をしたのだ、という自信を持つことは必要でしょう」と話す片岡社長。

普段はいたって温厚な人柄だが、職人としての気構えを持つ瞳には厳しさの片鱗が見える。

「家という、生活の地盤となるものに携わる以上、それぐらい強い責任感は持たなければいけません」。

たとえ技術に差があっても、自分にできることは精一杯やる。その努力をしないのはお客様に対して申し訳ないし、恥ずかしいことだという。

社長の現場に懸ける情熱と誠実さは従業員にも伝わり、一丸となって確実で丁寧な施工を徹底。それが顧客の信頼を呼び、社の発展へとつながっている。


【足跡】 愛媛県出身。学業修了後は鉄筋工として働き始め、愛媛県今治市と本州を結ぶ橋の工事にも携わる。知人の誘いを受けて内装工事業に転職。働く中で仕事に対する理想を持つようになり、独立に至る。明るい人柄で従業員に慕われている。


リフォーム工事を中心に、新築工事や様々な住宅設備の販売も行う『ホームサービス・ケイ』。打ち合わせから施工まで一貫して手掛けるリフォームでは、より良い生活環境を作るためのアドバイスも行っており、顧客に安心を提供して信頼を得ている。創業から8年、着実に発展を続ける同社の片岡社長を、渡嘉敷勝男氏が訪問した。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─対談

リフォーム工事を一貫して手掛け
ワンランク上のサービスを提供

渡嘉敷 『ホームサービス・ケイ』さんでは主にリフォームを手掛けておられるとのこと。片岡社長は、社会に出てすぐこの道に入られたのですか。

片岡 最初は鉄筋工をしていました。7年ほど勤めたころに、知り合いから「内装工事業を始めるので、手伝ってほしい」と声をかけられたんです。それを機に転身し、彼と14年ほど共に働きました。内装工事と言っても色々で、壁や床の施工だけではなく、間取りや室内の設備についても携わることがあります。そうした様々な経験を積むうちに、自分なりのやり方で仕事をしてみたい、と思うようになったんです。それで意を決して独立。今年でもう8年になります。

渡嘉敷 リフォームの施工のみにこだわらない業務に挑戦したかったと?

片岡 そうですね。現在はリフォーム工事全般を手掛ける他、電気通信設備の工事も行います。また、オール電化や太陽光発電といった環境・省エネ機器、浄水器などの販売も手掛けていますよ。

渡嘉敷 それらを全て、ご自身で手掛けられるのですか。

片岡 ええ。リフォームに付随する様々なノウハウを持ち、自社で一貫して施工に当たれるのが当社の強みです。当社は下請ではなく、お客様から直接ご依頼をいただいて、打ち合わせから工事の完了まで、全て自社の従業員が対応しています。実はリフォームというのは、たくさんの業者がかかわるものなんですね。たとえばトイレのリフォームと一口に言っても、その作業は5種類くらいの業者に分けられます。ですが当社なら水道工事以外は全て自社でまかなえ、工事全般に責任を持つことができます。それがお客様に信頼していただけるひとつの要因になっていると思います。

渡嘉敷 それはお客様も安心されるでしょうね。

片岡 また、全ての作業にかかわることで、細かなところにも目が行き届くんです。そのためこうしたほうが生活しやすくなるな、と思うことがあったら、お客様にどんどん提案していきます。これは一貫体制だからこそできる、プラスアルファのサービスです。それに外注がほとんどない分、費用が抑えられますし、素早い対応が可能です。先ほどのトイレのリフォームですが、他所では1週間かかると言われたところを、当社は1日で完成させたんですよ。

従業員と力を合わせて
お客様が満足する美しい仕上がりに

渡嘉敷 リフォームに関することなら、何でも相談できるのですね。それらを何名でこなされるのですか。

片岡 私を含めて5名です。少数精鋭にこだわっていて、それと言うのも、人が増えるとどうしても組織化してしまい、今のチームワークが発揮できなくなる気がするんですよ。この『ホームサービス・ケイ』は私のものではなく、ここで働いてくれている従業員皆のもの。その思いで、一丸となって仕事に臨んでいます。

渡嘉敷 従業員の方を、本当に大切にされているのですね。

片岡 ええ。でも現場では厳しいですよ。当社のリフォームは、「新築同然に仕上げる」のがモットーです。そのため従業員によく言っているのは、自分の家だと思って施工しなさいということ。自分にとって大事なものだと思えば、自然と丁寧な仕事になるでしょう。機械ではなく人間がする仕事ですから、技術の差はあるし、時には失敗することもあるでしょう。でも丁寧な仕事をしていれば技術は後から身に付いて、美しく仕上げることができるようになります。それにお客様にも誠実さが伝わりますからね。ありがたいことに、今まで一度もクレームをお受けしたことがないんですよ。

渡嘉敷 8年も続けていて、それは凄いですね。日々確かな仕事を積み重ねてこられたのが分かります。

片岡 お陰様で仕事の規模も徐々に大きくなり、リフォームでも規模の大きな依頼を頂戴しています。ですが仕事に臨む姿勢は、どんな工事でも変わりません。小さな仕事からこつこつと、着実な施工を心がけています。

渡嘉敷 それが今の発展につながっているのでしょうね。では最後に、今後の展望についてお聞かせ下さい。

片岡 現在はリフォームが中心ですが、いくつか新築工事も手掛けているんです。今後は展示場を建てるなどして、この事業も大きくしていきたい。また、将来的には飲食業も展開したいと考えています。そうして従業員に、体力が落ちて現場作業が辛くなっても、変わらず当社で働き続けてもらえるような形をつくっていきたいですね。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

 

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

一貫体制のリフォームにプラスアルファのサービスを

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

リフォームに合わせて、様々な住宅設備も取り扱っている『ホームサービス・ケイ』で、とりわけ力を入れているのが浄水器だ。この「Aqua Bank」は、水道水からミネラル水素水が作れるという優れもの。一般的なウォーターサーバーは既に水が入ったボトルを購入して付け替えるが、「Aqua Bank」は専用カートリッジで水道水の不純物を濾過し、安心・安全かつミネラルを大量に含んだ水素水にする。水素水は、通常の水洗いではなかなか落ちない野菜についた農薬をきれいに洗い落としたり、また洗顔に用いれば肌の潤いを保ったりと、様々な効果が期待できるという。『ホームサービス・ケイ』は2012年から正規代理店として取り扱いを開始した。「水は生活に欠かせないものですから気を遣う方も多く、好評をいただいています。リフォームで一新した生活環境をさらに良くするものとして、おすすめしていきたいですね」と、意欲的に取り組んでいる。

対談を終えて

「従業員の方がおっしゃるには、片岡社長は普段は陽気で気さくな方ですが、現場に入ると別人のように厳しくなるのだとか。それもお仕事に懸ける熱意と誠意があるからこそですね。中には独立の際に前の職場から社長についてこられた方もおられて、皆さんから慕われていることが窺えます。これからも力を合わせて頑張って下さいね。」(渡嘉敷 勝男さん・談)

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─会社概要

名  称

有限会社 ホームサービス・ケイ

住  所

【本社】

愛媛県松山市勝岡町121番地

代表者名

代表取締役 片岡 賀鶴幸

掲載誌

リーダーズ・アイ  2013年4月号

本記事の内容は、月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ』の取材に基づいています。本記事及び掲載企業に関する紹介記事の著作権は国際通信社グループに帰属し、記事、画像等の無断転載を固くお断りします。