2018年10月25日更新
全登録者数 23,535件 (最新月度登録者数 6件)
トップページ (有)渡辺真空 対談取材記事

(有)渡辺真空 対談取材記事

名刺
動画

真空ポンプに対する飽くなき探求心により
業界に欠かせない唯一無二の存在に

有限会社 渡辺真空

代表取締役 曽我 浩治

『新横浜テクノゾーン協同組合』副理事長

【異業種ネット】月刊経営情報誌『マスターズ(MASTERS)』特別取材企画 掲載記事─略歴

「真空ポンプのことなら『渡辺真空』に、そう言っていただけるような存在であり続けたい」

【異業種ネット】月刊経営情報誌『マスターズ(MASTERS)』特別取材企画 掲載記事─人ページ写真

「真空ポンプのメンテナンスをお願いするなら『渡辺真空』」。

そうした声が様々な業界の製造現場から上がっているが、その理由はどこにあるのか。

きっと、どんなメンテナンスでもやり遂げる、卓越した技術力や柔軟な対応力があるからだろう。

そして、同社がそうした力を備えるに至ったのは、曽我社長が常に行動を起こし続けてきたから。

良いと思ったことはとにかくやってみる、そして最後までやり抜く。もちろん数え切れないほどの失敗を経験してきたが、それでも立ち止まることなく、行動を起こし続けてきた──それが社長なのだ。

そうして高みを目指してきたからこそ、今では業界になくてはならない存在となっている。


【足跡】 徳島県出身。中学卒業と同時に集団就職で大阪へ移り、工具店に営業マンとして勤務。地道かつ機知に富んだ営業により、輝かしい業績を挙げる。10代後半で、立ち上げ間もない『渡辺真空』へ入社。独自の発想を織り交ぜながら業界の発展に貢献。1980年に現職に就任し、それ以降も精力的に事業に取り組み、あらゆる業界から絶大な信頼を寄せられる存在となっている。


真空ポンプのメンテナンスにおいて、傑出した技術力を誇る『渡辺真空』。あらゆる業界、そして国内外を問わず、多くの企業から求めの声がやまないという。「真空ポンプのことなら『渡辺真空』」と言われるようになった理由はどこにあるのか──。1966年の創業から50周年の節目を迎える同社をタレントの板東英二氏が訪問し、曽我社長にお話を伺った。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『マスターズ(MASTERS)』特別取材企画 掲載記事─対談

若くして地元・徳島から大阪へ
苦労の中で知恵を磨いていく

──『渡辺真空』さんはその名を世界に轟かせている企業だと伺っています。まずは事業内容からお聞かせ願えますか。

当社は真空ポンプのメンテナンスを主体としながら、真空ポンプの販売及び、真空装置の製作・改造・移設なども手掛けています。光学・精密機械・自動車関係など、幅広い業界からご依頼をいただいており、国内の大手企業のみならず、海外の企業ともお取引させていただいております。

──やはり、社会に出てから真空ポンプのお仕事一筋に?

いいえ。15歳で地元・徳島県の中学を卒業した後、集団就職により大阪へ出てきて、工具店で丁稚奉公として働いていました。当時は技術者ではなく、営業の仕事をしていたんですよ。そのころは上下関係が厳しい時代で先輩は怖かったですし、また私には学歴がなかったので随分苦労したものです。それでも、めげずに必死に働きました。

──反骨精神で以て、奮闘しておられたわけだ。思い出深いエピソードなどはありますか。

担当エリアに国家機関があり、私は毎日出向いていたのですが、ずっと門前払いされていまして……。それでも辛抱強く通い続けて1カ月経ったころ、たまたま偉い方が私を見かけて「何しに来てるんや」と聞かれ、私は「物を売りに来てるんです」と答えたところ、「一回ぐらい入れてやれ」と言って下さいまして。たまたま大掃除の時期だったので、掃除道具を軽トラックいっぱいになるぐらい注文していただいたのです。そしてそこから取引が始まり、徐々に注文いただく品目も量も増えていきました。中でも、膨大な数の溶接棒を注文していただいた時は嬉しかった。普通なら箱単位で注文を受けるのですが、12箱を12セットとするグロス単位で大量に注文をいただくことができ、それが継続的に何度も続いたのです。滅多にあることではなかったため、仕入れ先の大手製鋼メーカーから表彰されました。副賞として台湾旅行もいただき、勤め先の社長夫妻に差し上げたところ喜んで下さいましたね。その国家機関以外にも、自分で新たなお取引先を開拓していきました。

──学歴がなかったという曽我社長は知識に自信がなかったかと思いますが、それを補うに充分過ぎるほどの知恵がおありだったことが分かります。

そうなんでしょうか……。ただ、お取引先の立場に立って、常に工夫はしていたかと思います。「今すぐ品を持ってきてほしい」というお客様には、その代わりに通常より多く発注していただいたり、またどこの会社の在庫がいつなくなりそうか日ごろから把握して、タイミングよくアプローチすることも怠りませんでしたね。

──会社からの評価は相当なものだったのでは?

入って2年経ったころには専務の売上を超えていまして、給料もかなりの額をいただいていました。ただ、先輩たちは面白く思わないわけで、居づらくなったころに、ある取引先の大阪の工場長から「一緒に東京へ行かないか」と誘われたため、会社を辞めました。でも、社長は男気のある方で本当に可愛がっていただきましたから、心苦しかったですよ。

──辞めづらかったでしょう。そのころまだ社長は10代でしょう。当時から大物の片鱗を見せておられたわけですね。

持ち前の探求心により
真空ポンプ業界で欠かせない存在に

──そこから真空ポンプに関わるようになるまでの経緯というのは?

実は、私を誘ってくれた取引先の工場長というのが、当社の先代の社長でもある渡辺さんなんです。渡辺さんは、ある真空ポンプメーカーにいましたが、その後、独立して東京に会社を立ち上げました。私もそこで一緒に働かせていただくことになり、一から真空ポンプについて学んでいったわけなんです。

──社長のことですから、『渡辺真空』さんに入られてからも知恵を働かせながら業務に臨んでおられたことでしょう。

個人的に他社の真空ポンプに興味を抱いていたこともあって、メーカーを問わず、様々なポンプのメンテナンスを受け入れるようになりました。それにより、国内メーカーだけでなく、外国製の製品もメンテナンスできるようになっていったのです。真空ポンプのメンテナンスには高い技術が必要で、ポンプメーカーであっても自社製品以外のメンテナンスはあまりやりたがらないものです。そうした中で、当社はメーカーを問わずにメンテナンスできる。これは他社には真似できない、大きな強みだと言えます。

──それで、メンテナンスを主体とされるようになったと。社長は普通の人とは目の付けどころが違うのでしょう。最後に、これだけ長きにわたって、成長を続けてくることができた要因をお聞かせ願えますか。

様々な要因がありますが、その一つが国内外問わずに様々なメーカーが製造している中古の真空ポンプを300台以上在庫として確保しているところです。どの業界の製造現場でも、急に真空ポンプに不具合が生じたら製造をストップせざるを得ないことが少なくありません。ですから、一刻も早く復旧させたいと望んでおられる企業さんのために、そうした体制を整えました。外国製の珍しい真空ポンプをお探しの企業からお問い合わせをいただくことがありますが、喜ばれますね。これからも真空ポンプのメンテナンスを主体として、お取引先のご期待に添えるサービスを続けていきたいと思います。そして、「真空ポンプのことなら『渡辺真空』さんに」と言っていただけるような存在であり続けたいですね。

──今後のご活躍に期待しています!

【異業種ネット】月刊経営情報誌『マスターズ(MASTERS)』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

長男の曽我信之専務と三男の曽我雅之総務部チーフマネージャーをはじめ、従業員の皆さんと共に記念撮影

「それなら自分で作ってしまおう」

『渡辺真空』の曽我社長は、できるものは何でも自作するという。たとえば、現場で使用する道具。メンテナンスする製品・装置や現場の状況によっては、持ち前の道具で対応できないケースが少なくない。ただ、目的に上手く合致する道具はあまり売られておらず、それならば、「自分で作ってしまおう」というのが社長のスタイルなのだ。実際、自作したほうが利便性が高いことが多いという。また、仕事に直結すること以外でも、不便に感じることがあればすぐに自作してしまうのだとか。使用済みの一斗缶を1/100にする道具もその一つだ。一斗缶は場所を取るため、何とかならないだろうかと考えた末、「それなら自分で作ってしまおう」と自作した。それを見た取引先の中には譲ってほしいという人が少なくなく、タダで差し上げているという社長。「我々の本業は真空ポンプ。そうした道具をきっかけに、真空ポンプの依頼をいただければそれでいいんです」と笑顔を見せる。常日ごろから“もっと便利にならないか”と自問自答している社長だからこそ、世の中に対する貢献度の高い仕事ができるのだろう。

対談を終えて

「曽我社長がこれまで歩んできた道程を伺い、並々ならぬご苦労をされ、悔しい思いもたくさんしてこられたことが分かりました。ただ、その中で光り輝くエピソードも数知れず、大いに刺激を受けたことは言うまでもありません。社長の生き様を、是非ともこれから現場を支えていく若手の皆さんに見せていってもらいたいと思います」(板東 英二さん・談)

【異業種ネット】月刊経営情報誌『マスターズ(MASTERS)』特別取材企画 掲載記事─会社概要

名  称

有限会社 渡辺真空

住  所

神奈川県横浜市都筑区川向町922-46

代表者名

代表取締役 曽我 浩治

U R L

http://www.watanabevac.co.jp

掲載誌

月刊経営情報誌『マスターズ(MASTERS)』  2016年5月号

本記事の内容は、月刊経営情報誌『マスターズ(MASTERS)』の取材に基づいています。本記事及び掲載企業に関する紹介記事の著作権は国際通信社グループに帰属し、記事、画像等の無断転載を固くお断りします。