2017年10月20日更新
全登録者数 23,603件 (最新月度登録者数 22件)
トップページ Rouce ルーチェ 対談取材記事

Rouce ルーチェ 対談取材記事

名刺
動画

お洒落な雰囲気に確かな施術──
大人女子必見のトータルビューティーサロン

ルーチェ

Hair&Nail Rouce

代表 公文 美耶

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─略歴

白を基調としたスタイリッシュな店構えが目を引くへア&ネイルサロン『Rouce』。一人ひとりに丁寧に向き合った施術は好評を博し、特にトリートメントの仕上がりが評判を集めている。そんな同店の公文代表のもとを、渡嘉敷勝男氏が訪問。「美容の仕事が楽しくて仕方がない」と話す代表に、詳しいお話を伺った。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─対談

──公文代表はいつごろから美容師を志していらっしゃったのですか。

保育園に通っていたころからずっと美容師に憧れていました。父の同級生が美容室を経営していたので、小学生の時からお手伝いをさせていただいて、中学校を卒業するとそのまま就職したんです。働きながら美容学校に通うなどして、スタイリストになるまでお世話になりました。厳しくも温かく育てて下さいましたので、とても感謝しています。その後は一緒に働いていた方が独立したので、そちらの店へ。その方とは今でもお付き合いがあって、忙しい時には助けていただいたりもしているんですよ。本当に、周囲の方々に恵まれたと感じますね。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

──幼少期からずっと夢が変わらなかったのはすごいですね。これまでに辞めたいと思われたことはなかったのでしょうか。

もちろん修業時代などに大変なことはありましたが、辞めたいと思ったことは一度もありません。働き始めた時は想像以上に楽しくて、美容室という空間にいるだけでわくわくしました。それは今も変わらず、主人には私から美容を取ったら抜け殻みたいになってしまうと思われているくらいです(笑)。そうしてずっと美容師を続けてくる中で、ある時主人から「自分の店を持ってみてはどうか」と提案がありましてね。全面的にサポートしてくれて、この『Rouce』をスタートさせることができたんです。

──広くて明るくて、とてもスタイリッシュな店内ですね。

ありがとうございます。主人は塗装業を営んでいるので、店内の塗装はすべて施工してくれたんですよ。とても良い店になったと感じています。当店ではネイリストの資格を持っているスタッフがいますから、ヘアとネイルのサロンとしてお客様に美を提供させていただいています。私は普段お客様と接するに当たって、自分がどれだけこの仕事を好きかというお話をよくするんですよ。そうすると私が心の底から楽しんで仕事をしていることやお店の活気が伝わるようで、お客様も笑顔になって下さることが多いですね。

──それだけ楽しんで取り組んでいらっしゃる方に施術してもらえたら、お客様としても嬉しいでしょう。周囲には美容室が多いようですが、『Rouce』さんの特色はどういったところでしょうか。

一番力を入れているのがトリートメントの技術でして、お客様からご好評いただいています。お客様の髪質に応じて調合などを変えており、30分ほどの時間をかけて丁寧に行っているんですよ。施術中は、今何をしていてどういった効果が期待できるのかなどをしっかり説明し、仕上がりをイメージしてもらえるようにも気を付けています。実際に施術させていただいた多くのお客様は、その仕上がりにかなり感動して下さいますね。

──それでは最後に、今後について。

「クリームバス」というインドネシア式のマッサージの資格を取得しようと考えています。そのマッサージを当店に取り入れ、トータルなビューティーサロンとして展開したいですね。また店舗数を増やすことも検討しているので、支えてくれている主人の期待に応えるためにも、今後も頑張っていきたいです。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

対談を終えて

「公文代表のお父様が美容関連商品を扱う会社に勤めておられ、そちらから仕入れている商品もあるとか。ご主人の協力もあるようですし、今後もご家族で協力し合って頑張って下さい!」(元世界Jr.フライ級チャンピオン 渡嘉敷 勝男さん・談)

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─会社概要

名  称

Hair&Nail Rouce(ルーチェ)

住  所

高知県高知市高須新木3丁目43-2

代表者名

代表 公文 美耶

掲載誌

センチュリー  2015年7月号

本記事の内容は、月刊経営情報誌『センチュリー』の取材に基づいています。本記事及び掲載企業に関する紹介記事の著作権は国際通信社グループに帰属し、記事、画像等の無断転載を固くお断りします。