2017年10月20日更新
全登録者数 23,603件 (最新月度登録者数 22件)
トップページ ドクタープロラボジャパン(株) 対談取材記事

ドクタープロラボジャパン(株) 対談取材記事

名刺
動画

国内トップレベルのシェアを誇る
美と健康のプラセンタ専門メーカー

飲むプラセンタNo.1シェア

ドクタープロラボジャパン 株式会社

取締役・商品開発Manager 西尾 朋恵

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─対談

──プラセンタは芸能界でも多くの方が使用されていますよね。そもそもプラセンタとは、どのようなものなのでしょう。

プラセンタは、胎盤から抽出したエキスです。胎盤には胎児を育てるための成長因子が入っていて、いわば栄養の宝庫。昔はお産の後に自分の胎盤を食べることもあったそうですし、欧米では現在も胎盤をカプセルにして、病気の時に飲むこともあるようです。そんなプラセンタの原料会社として、当社は長年、研究・開発を続けて参りました。そして、高濃度プラセンタエキスの臭いを軽減させた、美味しい飲むプラセンタ製品の開発に成功しています。

──近年は様々なプラセンタが市場に出回るようになりましたが、どれが本当に良いものなのか、選択する難しさもあります。

植物性や海洋性のものも出てきていますし、どれが良いとは一概に言えません。ただ、あくまで私自身の考えで言えば、プラセンタとは本来胎盤であるはずなので、動物性が良いと思っていて、中でも人間に最も近い“馬”が優れていると考えています。そんなウマプラセンタを中心に、当社の商品は世界中から回収した良質なプラセンタを使用しています。当社で製造したプラセンタ原料は大学での研究や医療機関での臨床試験も数多く行っており、ヒト臨床試験ではお肌や体内の健康に関する数値が大きく伸びるケースも多数報告されています。私も使用してその効果を体感していますから、自信を持ってお薦めできますね。

──それは説得力がありますね。御社の商品はどちらで手に入るのでしょう。

以前は企業向けの原料製造やOEMなどのBtoBがメインでしたが、近年はBtoCにも力を入れていて、インターネット販売やテレビ通販なども行っています。通販番組には私自身が出演しており、商品などの説明をさせていただいているのですよ。お陰様で、商品づくりにこだわっていることもあって、現在は製造が追いつかないほど、多くのご注文をいただけています。

──お話を伺っていると、プラセンタに対する並々ならぬ想いが伝わってきますね。

私は勤務時代、裏方としてプラセンタ原料の製造・販売をしていて、本当に良いプラセンタを皆様に提供したいというポリシーを持って、当社を設立した経緯があります。誠心誠意つくったものを提供することこそ企業としての責任ですし、何より私自身、プラセンタが大好きですから、商品の質に妥協はしません。これからもエンドユーザー様に、“本物のプラセンタ”を提供していきたいですね。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

【1】キレイと美ボディを目指す大人に人気のダイエット&ビューティーゼリー「IntI濃厚プラセンタゼリー」
【2】豚と馬のプラセンタをMIXしたカクタス・巨峰風味の美容健康ドリンク「IntI PLACENTA Deep 550000EX」
【3】プラセンタをはじめ、美容に嬉しい有用成分を1粒に閉じ込めたソフトカプセル「ウマプラセンタシード」

 

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

対談を終えて

「プラセンタは私も愛用していますし、今では男性も使われている方は多いですが、とにかく数が多く、どれを手に取ればいいのか分からない。その点、強いポリシーを持っておられる『ドクタープロラボジャパン』さんのプラセンタは、心から信頼できます。これからも良い商品をつくり続けて下さい」(島田 陽子さん・談)

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─会社概要

名  称

ドクタープロラボジャパン 株式会社

住  所

東京都港区港南4-6-1 WCT A1-3001

代表者名

取締役・商品開発Manager 西尾 朋恵

U R L

http://www.drpro.co.jp

掲載誌

センチュリー  2015年6月号

本記事の内容は、月刊経営情報誌『センチュリー』の取材に基づいています。本記事及び掲載企業に関する紹介記事の著作権は国際通信社グループに帰属し、記事、画像等の無断転載を固くお断りします。