2017年06月29日更新
全登録者数 23,598件 (最新月度登録者数 38件)
トップページ 盈泰ジャパン(株) 対談取材記事

盈泰ジャパン(株) 対談取材記事

名刺
動画

自然エネルギー分野の発展と
日本のGDP向上に貢献したい

メガ&産業太陽光発電の事ならばお任せ

盈泰ジャパン 株式会社

代表取締役 鞠 文軍

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─略歴

自然エネルギーに関する製品の輸入、販売、設置工事に携わり、そのほか技術開発などのコンサルティング業務も担う『盈泰ジャパン』。製品そのものの良さだけでなく、販売や設置工事における丁寧な対応が高く評価されている。本日は、女優の吉沢京子さんが同社を訪問。鞠社長にインタビューを行った。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─対談

──まずは鞠社長の歩みから教えていただけますか。

私は、中国・遼寧省の大連で生まれ育ちました。17歳で大学に入り、卒業後は国内で建築関係の仕事に就いて、5年間働きました。しかし、幼いころから自動車、特に『トヨタ自動車』に憧れをもっていたため、日本に私費留学することにしたのです。26歳で来日し、東京都内の学校に通いました。そのまま日本で就職し、4年後に会社を興したのです。

──『盈泰ジャパン』さんでは、主にどのような事業をされていますか。

主に取り組んでいることは、太陽光発電などの自然エネルギー製品やその周辺機器の輸入、販売、そしてその設置工事も行っています。この業務では、過去に携わった建築業の経験が活かされていると感じますね。また、技術開発や販売、製造、企画などに関するコンサルティング業務も主力事業です。

──現在、自然エネルギーはとても注目されている分野ですよね。

はい。ただ、以前はあまり脚光を浴びることはありませんでした。そのため2010年ごろには、会社をたたんで太陽光の分野で先進しているドイツへ進出することも検討していたんですよ。そんな折、東日本大震災が起こりました。急速に自然エネルギーへの需要が高まってきたのを受けて、やはりこの分野で日本に貢献したいと思い、日本での事業に専念することにしたのです。

──需要が増えれば、競合他社も出てくると思います。その中で、御社の強みといえば、どういったところでしょう。

製品そのものにも自信を持っていますが、対応の良さが一番の強みだと考えています。当初は、販売のみを行っていたのですが、やはりそれだけでは同業他社と差別化を図れません。それで、設置工事を外注業者に任せきりにせず自社の社員が施工場所に赴いて確認を徹底したり、より信頼度の高い部品を使用したりするなど、安全性を高める努力と販売後のサポートにも注力し続けてきたのです。結果、その姿勢が評価され、多数のメーカーと取引することができています。

──丁寧な対応があってこそ、信頼関係が生まれますものね。そのほか、力を入れて取り組んでおられることはありますか。

他社との共同開発に力を入れています。私は電気やエネルギーの分野に精通しているため、そのノウハウと先見の明には自信があります。これにより、他社から電化製品の電源関連や災害対策の共同開発を依頼されることもあるのですよ。ちょうど今も、日本のある企業と一緒に、商品開発に取り組んでいるところです。

──これからの展開が非常に楽しみですね。最後に今後の展望を教えて下さい。

日本は中国に比べて努力が報われる環境が整っており、また事業をする上での自由度も高いため、非常に働きやすいです。そんな日本で事業を行うことができているからこそ、もっと日本のGDPに貢献したいと考えています。そのためには、売り上げを伸ばしていく必要がありますので、まずは人材を確保したいですね。自然エネルギーは比較的新しい分野ですので、互いに切磋琢磨できるような信頼のおける仲間を増やしていきたいと思います。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

対談を終えて

「丁寧なサービスで事業を続けてこられた鞠社長。これからさらに需要が高まると思われる自然エネルギーの分野で、ますます発展されることを心から応援しています」(吉沢 京子さん・談)

【異業種ネット】月刊経営情報誌『センチュリー』特別取材企画 掲載記事─会社概要

名  称

盈泰ジャパン 株式会社

住  所

【本社】

千葉県松戸市三矢小台4-8-6

【物流センター】

千葉県鎌ヶ谷市東初富1-18-37

代表者名

代表取締役 鞠 文軍

概  要

・太陽光発電所の設計、調達及び建設業務一式
個人宅、産業用及びメガソーラー

・独立型太陽光発電による電源一式
システム設計から部材提供、設置工事まで

・太陽光発電用地に関するご相談
遊休地の有効活用、投資及びリース

・PVモジュール部材販売
JET及びTUV認定品、 独立型発電用

・設置架台及び設置金具部材販売
野立て用架台、金属屋根用金具など

・周辺機器の部材販売
パワコン各種 PV延長ケーブルなど

U R L

http://www.eitaijapan.com

掲載誌

センチュリー  2014年11月号

本記事の内容は、月刊経営情報誌『センチュリー』の取材に基づいています。本記事及び掲載企業に関する紹介記事の著作権は国際通信社グループに帰属し、記事、画像等の無断転載を固くお断りします。