2020年07月27日更新
全登録者数 23,525件 (最新月度登録者数 1件)
トップページ (有)オクト 対談取材記事

(有)オクト 対談取材記事

名刺
動画

オールマイティな技術を武器に
幅広い電波通信工事に対応

有限会社 オクト

代表取締役 大川 欣之

第1級CATV技術者

ゲスト 三ツ木 清隆

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─略歴

電波通信工事を担うプロとして、顧客のニーズを実現することに尽力する『オクト』。同社では、あの「東京スカイツリー」の機能移設作業においても高い技術力で貢献している。本日は、時代を見据えた舵取りで会社を導いてきた大川社長に、俳優の三ツ木清隆氏がお話を伺った。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─対談

三ツ木 まずは、大川社長の歩みからお聞かせ下さい。

大川 私は京都の出身で、学業修了後は大阪の印刷会社に営業として就職しました。埼玉へは転勤で移ってきたのですが、父の出身が東京ということもあって、この地に骨を埋めても良いのではないかと思いまして。「大阪へ戻るように」という辞令をお断りし、営業経験を活かしてOA機器の会社に転職したのです。そちらでは電話工事業務も行っていて、その部署へ異動することになりました。すると、社長の友人の会社からヘッドハンティングされて再び転職し、今度は総務として働くことに。しばらくして、技術系の仕事に着手することになり、大手アンテナ製造販売会社へ出向することになったのです。そこで覚えたケーブルテレビやテレビの電波障害対策の技術を軸に、1998年に独立し、2003年に当社を立ち上げて法人化に至りました。

三ツ木 とても幅広い職種を経験されてきたのですね。

大川 勉強以外のことで負けるのが嫌いな性分でしたので、どうすれば誰にも負けないかを常に考えてきたのです。アンテナを立てるためには土木作業も必要で、これまでに経験したことのない仕事も手掛けられるようにする必要がありました。そこで、どのような仕事でも対応できるオールマイティな知識の習得に尽力してきたのです。

三ツ木 技術の研鑽に励んでこられたのですね。ちなみに、こちらではどのようなお仕事をされているのですか。

大川 携帯基地局設置管理やCATV工事などを主体に行っております。最近では、「東京スカイツリー」への機能移行の仕事にも従事しましたね。また、成田空港で別の電波関係の仕事を手掛けております。基本的に私共が直接工事を請け負うことは少なく、工事責任者として動くことがほとんどなんですよ。工事は協力会社さんや、社員として従事している息子たちに任せています。

三ツ木 それだけ大規模な顧客から頼りにされているということは、御社が高い技術力を保有している証拠でしょう。お仕事に臨む上で、どのようなことを大切にされていますか。

大川 現場責任者として他の社員以上のことができるように努めています。たとえば、上からの指示を単に伝えるのではなく、現場状況や作業スタッフの状態を加味した上で伝えられるようにしていますね。また、現場にいる以上皆が仲間なのですから、良い仕事をするためにも気を配っています。他にも、プロとして「できない」とは言わないようにしており、何かしらの代替案などを提案できるように努めています。

三ツ木 技術者としての誇りをもって、現場作業に臨んでおられるのですね。最後に、今後の展望をお聞かせ下さい。

大川 平穏無事に会社を継続していきたいですね。無理に利益を追求せず、堅実に頑張っていきたいと思います。

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─取材記事写真

【異業種ネット】月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ(LEADER’S EYE)』特別取材企画 掲載記事─会社概要

名  称

有限会社 オクト

住  所

【事業所】

埼玉県草加市新善町361-3

代表者名

代表取締役 大川 欣之

掲載誌

リーダーズ・アイ  2014年4月号

本記事の内容は、月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ』の取材に基づいています。本記事及び掲載企業に関する紹介記事の著作権は国際通信社グループに帰属し、記事、画像等の無断転載を固くお断りします。