2017年11月20日更新
全登録者数 23,595件 (最新月度登録者数 18件)
トップページ プレスリリース一覧 プレスリリース詳細

プレスリリース

2015-01-13

actuarise株式会社

【企業動向】

アクチュアライズ と クラスキャット、テレワーク(在宅勤務)の企業への導入推進・実現に向けて業務提携

~女性の活用や地方創生の課題をITで解決 ~

アベノミクスの成長戦略の中にテレワークが盛り込まれ、政府が普及に本腰を入れ始めておりますが、その背景には、個人宅やモバイル環境でも高速通信が利用できるようになり、同時に社員が個人で所有するスマートフォンなどを業務でも利用するBYOD(Bring Your Own Device)という考え方が、急速に広がりを見せていることがあります。これらを利用するテレワークで時間や場所にとらわれずに働くことが可能になれば、育児中の女性が働く機会を得やすくなったり、通勤が困難な障がい者を受け入れやすくなったり、介護の為に通勤できない地方の親元へ移住しても退職する必要が無くなります。(ふるさとテレワーク)

今回の業務提携により、テレワークの導入を検討している企業向けに、両社が提供しているITソリューションを活用した導入支援と課題解決の提案を行ってまいります。

現時点で両社が提供している具体的なITソリューションサービスは下記の通りです。

アクチュアライズ社が提供するソリューション「ビズタスクル」
「ビズタスクル」は、チーム全員がクラウドで仕事(タスク)を管理することで期限を共有でき、完了した仕事(タスク)の一覧表を上司と共有することで仕事の成果を可視化するなど、離れた場所で働いていても業務に支障が出ないようにするシステムです。
詳細:http://www.biztaskle.com/

クラスキャット社が提供するソリューション
「ClassCat WebConference」& 「CLOUDIVA SmartPlus」
「ClassCat WebConference」は、IBM SoftLayer 環境を活用し、ユーザ企業の要件に合わせて適切なサーバスペックを選定し、Web会議やWebセミナーシステムを構成した上でマネージド・プライベートクラウドサービスとして提供します。利用人数や時間に関係なく月額固定費用で利用可能です。
詳細:http://www.classcat.com/index.php/web-conference-on-softlayer.html
「CLOUDIVA SmartPlus」は、Open SourceのIaaS を VDI (Virtual Desktop Infrastructure) とし、デバイス認証(BYOD)とシングルサインオン環境を提供する EXGATE、アプリケーション / デスクトップ仮想化ミドルウェア(シンクライアント:Ericom)を統合したオールイン・ワンのソリューションです。IBM SoftLayerのベアメタル環境を活用し、ユーザ企業の要件に合わせて適切なサーバスペックを選定し、マネージド・プライベートクラウドサービスとして、日本のデータセンターを含む全世界のデータセンターで運用可能です。
詳細:http://www.classcat.com/index.php/byod.html

今後、テレワークを快適に活用するためのITソリューションサービスを充実させ、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークを広く社会に普及し、企業・地域が活性化できる調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与してまいります。

◆ 本件に関するお問い合わせ先は、下記までお願いいたします。◆
アクチュアライズ株式会社
〒530-0041 大阪市北区天神橋1丁目19-16 前川ビル
E-Mail:info@actuarise.com / URL:http://www.actuarise.co.jp/
(06)6585-0310 担当:三島

株式会社クラスキャット
〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-6
セールス・マーケティング本部 セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com / http://www.classcat.com/

このプレス・リリースは、アクチュアライズとクラスキャットの両社より配信しています。
もし重複してお届けしておりましたら、失礼の段ご容赦下さい。

※ ClassCatは株式会社クラスキャットの登録商標です。
※ LinuxはLinusTorvalds氏の米国およびその他の国における登録商標です。
※ その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

【資料】jpgファイル

actuarise株式会社へお問い合わせ



※このプレスリリースは「異業種ネット」内のサービスとして、会員により独自に配信されているもので、株式会社国際通信社とは一切関係がありません。